• 1 X JAPAN

    X JAPAN — Yoshiki (band leader/producer/songwriter/drums and piano), Toshi (vocals), Pata (guitar), Sugizo (guitar and violin), and Heath (bass)
  • 2 X JAPAN

    EMI Label Services handle X JAPAN'S releases in North America.
  • 3 X JAPAN

    The first release will be the track “Jade” on March 15th
  • 4 X JAPAN

    To support the new album,

    X Japan plans to tour extensively in 2011
  • 5 X JAPAN

    X Japan, one of the most successful rock band in Japanese history

NANO-MUGEN FES. 2006

Category : LIVE
ASIAN KUNG-FU GENERATION(通称アジカン)主催のフェス!!
『NANO-MUGEN FES. 2006』に行ってきました~○(≧∇≦)o

場所は横浜アリーナ! 新横浜駅の近くですね。

チケット転売防止?
チケットに記載されているのは『緑』『赤』『青』『黄』という文字だけ。
入場順は直前の13日に公式Webサイトで発表されるという異例のフェス。
当日の行動。

前日宇都宮の飲み会があったこともあり、宇都宮のホテルに泊まってました。

日曜日だというのに朝7時に起きて身支度。
ちなみに朝食はコンビニのサラダとペットボトルのお茶だけ。
ホテルをチェックアウトしてすぐに宇都宮駅へ。
3連休初日の人手を甘く見ていました・・・宇都宮駅に来るときの新幹線がめちゃ混みだったんですよ。自由席の乗車率200%(?)みたいな。
冷房が効かないほど蒸し暑いし・・・。

↑みたいな誤算はもうこりごりなので今度は指定席の切符を買いました。
にしても、二日続けて新幹線移動って・・・芸能人じゃあるまいしw

東京駅に到着。
東京駅から東海道本線に乗り換えて横浜駅へ。
横浜駅でちょっとだけゲーセンへ。
LIVEの時間が迫ってきたので15連勝で切り上げ。

横浜駅~新横浜駅へ。
一番最初に入場できるチケットを持っていたにも関わらずちょっとだけ遅刻してしまった。
そしたら次の色の列の後ろに並ばされたし(ノ∀`)

外はめちゃめちゃ蒸し暑い。死人が出そうなほど蒸し暑い。
アリーナの中に入る前から汗だくになっちゃったよ(;´Д`)


外の行列で既に体力を奪われつつあったので、マッタリとスタンド席に陣取りました。
横浜アリーナはどこの席からでも結構ステージが見えるからイイよね♪

ちなみに今回のFESではアリーナだろうがスタンド席だろうが3階席だろうが、早い者勝ちで好きなところに行けます。
アリーナは当然オールスタンディングね(´∀`*)


いやぁ・・・フェスを甘く見てました。
こういうごちゃ混ぜLIVE?はa-nationしか行ったことがなかったんですが、フェスってすごいのね。1アーティストの持ち時間が1時間~1時間20分ずつくらいあるの。

入場は11:30~開始。
LIVEは13:00開演。 終演予定時刻は21:30 Σ( ̄∇ ̄;)!!
8時間半の耐久LIVEですよ!(汗

屋内(横浜アリーナ)にも関わらず、フードコーナー(露天形式)やら休憩スペースもそれなりに充実していました。

今日演奏を行うのは以下の8組。
それぞれ簡単にLIVEレポートを。

■トップバッターは『CHATMONCHY(チャットモンチー)』(邦楽)
女の子3人組のロックユニットです!!

VOCALの女の子が最初に挨拶したんですけど・・・この声が声優みたいに可愛いの(´∀`*)

でもでも、音楽は結構ロックロックしてましたねぇ~。
なかなか爽快感のあるサウンドでマル。

■お次は『SILVER SUN』(洋楽)
ロックだったけど、そこまで突き抜けた感はなくちょっと優等生的なサウンドだったような・・・
とは言いつつも、ここで前日からの疲れと眠気の第一波が襲ってきて・・・レビューできるほどまともに聞いていませんでした(汗
ごめんなさい・・・。

■3組目『MO'SOME TONEBENDER』(邦楽)
こちらも全く聞いたことの無いバンドだったけど、かなり激しかった。
昨今流行っているようなビジュアル系やら、青春パンクロックとも違う、独自の・・・ある種昔ながらのロック路線を髣髴させるバンドだった。
衣装もバリバリのロック!という感じで革ジャンとか着てたような気がする。
とりあえず、BASSの人がノリノリで踊り過ぎだった印象が強い(笑)


朝食はサラダしか食べておらず、腹がすいたので3組目の演奏が終わった後にフードコーナーへ移動。
既に力尽きた人達が床に寝転んでいるのをよく見かけた(笑)

『上海ヤキソバ』と『カシスオレンジ』を頼んだ。1000円だった。まぁ料金的には若干高めのような気もしたけど、よく考えたらフツーかな。

休憩コーナーでソバを食べていたら、わた子さんから電話が。
丁度休憩中だったからそのまま電話に出られた・・・なんてタイミングの良い(笑)
今はちょうど漫画喫茶から自サイトの日記の更新に勤しんでいたそうなw
東京遠征を楽しんでいるようで(?)何より。

■4組目『THE YOUNG PUNX!』(洋楽)
DJパフォーマンス(?)ということで、横浜アリーナ全体がダンスフロアになったような雰囲気に包まれた。
アリーナのモニターに映し出される映像も手が込んでいてカッチョ良かった~o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

そうそう、アジカンの曲『アンダースタンド』もRemixして演奏していましたo(´▽`*)/♪
観客も好意的な反応を示していた人が多いと思う。

男女のツインボーカルのバンドなのかな?
ナース姿の女性ボーカルが登場したり、男性ボーカルがスーパーマンのコスプレをして歌ってたりして視覚的に楽しませてもらった。(でもコミックバンドじゃないよ。)

振り付けも個性的で面白かった。
オーディエンスがLIVE中にでもすぐに覚えられる振り付けだったから、みんな両手を挙げたり下げたり左右に動かしてたりしてたw
なかなかダンサブルなナンバーが多く、とにかく面白かった。

■5組目『ELLEGARDEN』(邦楽)
エルレガーデンと読みます。
僕にとっては未知のバンド。

甘く見てました。想像以上に知名度はあるらしい。
だってアリーナに密集する人の多さが過去最高だったからね。フェス初の入場規制が引かれたんじゃないかなぁ。

メンバーが登場した瞬間に観客の歓声がアリーナ全体にこだました。
1曲目はいきなり『SPACE SONIC』! 既存のシングルの中では最新だね。
あ!!これどこかで聞いたことがある。
スカパーかなぁ? 有線かなぁ・・・。

しかし・・・観客の盛り上がり方が尋常じゃない。明らかに今まで登場してきたアーティストとは違う。
アリーナ席は全員手を振りあげている。
いままで優等生っぽくスタンド席で座っていた皆も立ちあがって・・・最終的には7~8割の人間が立ちあがってリズムに乗っていたんじゃないだろうか。
アジカン目当てに来た僕としては、この盛り上がり様にはビックリでしたよ!Σ( ̄∇ ̄;)

楽曲のレベルも高く、ただがなり立てるロックとは違ってハモリの美しいメロディアスなサウンドだった。
いわゆる”売れ線”の優等生的なロックとは違ってどこまでもアグレッシブだった。
英語詩が8割ながら(音楽も洋楽っぽい)日本人にも馴染みやすいロックサウンドだったと思う。
人数的には1万人近くのオーディエンスを熱狂させていたんじゃないかな。
日本武道館とかで(単体で)LIVEしても全然違和感の無いバンドだと思う。ていうか既にやってたりするのかな・・・。

それにしても女性ファンの多さには驚いた(^_^;)

ボーカルのMCが結構謎で面白かった。

Vo:『エッヘッヘェ~・・・楽しいよぉ~。楽しいねぇ~。』

観客:(笑)

最初ラリってる人かと思っちゃったよw
まぁそのくらいテンションの上がるパフォーマンスをしていたことは間違いないけど。
後で調べてみて分かったんだけど、このバンドはライブ活動が主体で、あまりメディアには露出していないみたいね。

MCが三回くらいあったんだけど、『ヘッヘッヘ・・・楽しいねぇ~』を連発していたw

掘り出し物じゃないけど、またいいバンドを発掘してしまった。
フェスの楽しみはこういうところにあるね♪

■6組目はDREAM STATE(洋楽)
初日のフェス中、唯一のアコースティックなアーティスト。
ピアノとVOCALのみのシンプルな構成。
といっても自分でピアノを演奏しているんだけどね。アンジェラ・アキみたいな。
かなりイイ声をしていたと思う。まぁピアノ以外は自分の声だけが武器になるわけだから当然といえば当然か。

ここまでくるとかなり疲れが出てきていて、またウトウトしてしまった_| ̄|〇

■7組目はTHE RENTALS(洋楽)
持ち時間が1時間20分と若干多めだったことを考えると、かなり有名なバンドなのだろう。
僕は知らなかったけれど(^_^;)

シンセサイザーを駆使した先進的なサウンドだった。
とはいっても基本は『ロック』だけどね。
コーラス隊やらキーボーディスやら沢山のメンバーが出てきたけど・・・
ここで疲労と眠気のピークが来てしまい、あまりまともに聴けなかったw
ごめんさい・・・。

■ラストは当然? ASIAN KUNG-FU GENERATION
アジカンが登場した時点で時刻は19:45分。長いよw

スタンド席でマッタリ座って見ていた僕もここぞとばかりに立ち上がって手を振り上げて歓声をあげた。
しかし両隣の女の子がELLEGARDENのファンだったらしく、座りながら見ていたのでちょっと肩身が狭かったww
※隣の女の子はELLEGARDENの時は立ち上がって応援してました。

最新アルバム『ファンクラブ』からの楽曲と、NANO-MUGENフェス用の楽曲『十二進法の夕景』をやってくれた。
僕がよくカラオケでも歌う『リライト』なんかもやってくれた。観客は皆歌詞を口ずさんでいた。
『ループ&ループ』では皆がジャンプ!ジャンプ!○(≧∇≦)o
観客の8~9割程度は立ち上がって飛び跳ねて・・・みたいな感じだったかな。
サイコーに盛り上がりましたo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
いつかアジカン単体のLIVEにも行きたいな~。



総括すると・・・NANO-MUGEN FESとはアジカン主催のロックフェスでした。(そのまま)
アコースティックだったりダンサブルな演奏をするアーティストも混じっていたけど、基本は『ロック』
いや~、疲れました。正直僕のようなオッサンにはちょっとキツイ(笑)
2日間続けて行く子も沢山いるんだろうなぁ・・・すごいよホント。

ちなみにココで初日のLIVEレポートが見られます。

↓コレは1日入場券。2日間券の人は『リストバンド』らしい。
20060716.jpg



にしても今日の一番の驚きはELLEGARDENですよ!
同世代の中では比較的音楽を聴いている方だと思ってたけど、こんなに人気のあるバンドを知らなかったなんて(ノ∀`)

ていうか、今の若い子(?)はどこで情報を仕入れてるんだろう。
やっぱテレビ?口コミ?
ちょっと調べてみたけど、ドラマのタイアップとかに使われてたわけじゃないし・・・さほどメディアには露出していないと思うんだけどなぁ。

貴方はELLEGARDENというバンドがどんな楽曲をリリースしているか知っていますか?
ココに定期的に来ている80人くらいの人(?)に聞いてみたい(笑)


ELLEGARDENはアグレッシブなサウンドながら、とってもメロディアスなのが個性的。『サウンドとは裏腹に後ろ向きな歌詞が多い(By Wikipedia)』のも僕好み(´∀`*)

早速、帰り際にELLEGARDENの最新シングルとアルバムを購入した。

昨年はBOOM BOOM SATELLITESの音楽を聴いてイイ音楽を見つけた!と思って喜んだけど、今年のオススメはブッチギリでELLEGARDENかな~!

『Space Sonic』はココ(Official)で視聴できます。

最近のお買い物
 
Posted by りすお [RIS-O] on 16.2006   0 trackback

trackbackURL:https://secretdesire.blog.fc2.com/tb.php/380-e74efe14

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索