• 1 X JAPAN

    X JAPAN — Yoshiki (band leader/producer/songwriter/drums and piano), Toshi (vocals), Pata (guitar), Sugizo (guitar and violin), and Heath (bass)
  • 2 X JAPAN

    EMI Label Services handle X JAPAN'S releases in North America.
  • 3 X JAPAN

    The first release will be the track “Jade” on March 15th
  • 4 X JAPAN

    To support the new album,

    X Japan plans to tour extensively in 2011
  • 5 X JAPAN

    X Japan, one of the most successful rock band in Japanese history

まさかの戦争突入か

Category : Diary
ニュースを観ている方ならご存知だと思うが、北朝鮮が着々と準備を進めていたミサイル発射計画が今週末に実行に移される可能性が高い。北朝鮮の発表によれば、ミサイルのうちの一つは日本の領空を飛び越えて太平洋上に着弾(着水?)するらしい。
 北朝鮮はあくまで『平和利用のための人工衛星』だと主張。日米をはじめとする各国は『ミサイルの発射実験』と位置づけ、その対応に追われている。
 仮になんらかの失敗(または故意)で日本の領土にミサイルが落ちてきた場合、多数の死傷者が出て被害は甚大なものとなるだろう。日本政府はミサイル迎撃システムPAC3を市ヶ谷などに配備し、仮にミサイルやその破片が落ちてきても迎撃する準備を整えている。が、しかし・・・政府の要人が『(PAC3を指して)あんなもの当たるわけない』という発言もあり、実際の迎撃能力は未知数だ。

 北朝鮮の態度は相変わらず強硬なもので、以下のような声明を発表している。

朝鮮中央通信は31日の論評で、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、北朝鮮は「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。(時事通信より抜粋)



 つまり、『日本による迎撃は許さない』とのこと。
しかも、日本によるミサイル迎撃がなされた場合、「再侵略戦争の砲声」・・・つまり、戦争開始の合図だとみなすというトンデモ発言だ。日本の領空に飛んできたミサイルを撃ち落とすのが何故戦争開始の合図になるのか全く意味不明なのだけれど(笑) どうだろうか。
 「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」・・・これはつまり、最も強力な軍事的手段=核兵器によって牙城を無慈悲に粉砕=東京を含む首都圏を破壊すると読み取れる。限りなく宣戦布告に近いような気がするのだけれど、日本政府はここまでナメられて頭にこないのだろうか。
 そりゃもちろん、『北朝鮮をまともに相手をしていてはラチが明かない』という理由はあるだろう。だとすれば、PAC3の配備なんて止めて完全無視を貫けばいいじゃないか。しかし、実際問題それで被害が出てしまったら国民から多大な非難が出るだろうから、とりあえずPAC3を配備しておくか・・・というのが本音なのか。逆に、(北朝鮮に対して)きちんと対応するつもりならば、もっと毅然とした態度をとるべきではないだろうか。

 『北朝鮮お得意のいつもの挑発行為だろう』と思っていると、そのうち痛い目に遭うかもしれない。あの国なら本当にミサイルを撃ち込むかねないからだ。
 僕はいつも最悪の事態を想像してしまうので、戦争状態に陥る可能性を排除しきれない。現代版『最終兵器彼女』や『21世紀少年』(←よく知らないけど)みたいな世界に陥ってしまわないことを切に願うのみ。
あぁ、こういうのって杞憂(きゆう)っていうんだろうな。
とりあえず、週末の北朝鮮の動きには要注意だろう。
これをエイプリルフールのエントリとすることで、最悪の妄想が幻と終わることを祈っている。
Posted by りすお [RIS-O] on 01.2009   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索