• 1 X JAPAN

    X JAPAN — Yoshiki (band leader/producer/songwriter/drums and piano), Toshi (vocals), Pata (guitar), Sugizo (guitar and violin), and Heath (bass)
  • 2 X JAPAN

    EMI Label Services handle X JAPAN'S releases in North America.
  • 3 X JAPAN

    The first release will be the track “Jade” on March 15th
  • 4 X JAPAN

    To support the new album,

    X Japan plans to tour extensively in 2011
  • 5 X JAPAN

    X Japan, one of the most successful rock band in Japanese history

短期売買取引結果 8/4版 ~エントリー遅すぎ問題?~

Category : investment
昨日レーザーテックを利益確定した私は次なる売り銘柄に狙いを定め、後場の売買が落ち着いたタイミングで売りで参戦しました。

また、昨日ストップ高になったコロナ銘柄PSSの祭りに参加しようと考え、寄り付き後にPSSを”買い”で参戦しました。

その結果。。。

20200804_02.jpg

見事に股裂きを食らって給付金が消えた(笑)

JR各社の株はオワコン化していたのに、今日に限って爆上げとかタイミングが悪すぎるでしょw

■JR各社の株価はピークから半額まで下落


20200804_01.jpg

先週まで奇麗な右肩下がりのチャートを描いていたのに、今日に限って「誰かが自分の取引を見ているんじゃないか?」と思うような爆上げ。

「機関投資家が~」とか、「大口が参戦~」みたいな、
煽り屋やその養分の初心者投資家みたいなことは言いません(・∀・)!!

株式取引は結果が全てなのです。

やはり逆指値で設定する損切りラインが広すぎるのが問題なのでしょうね。

ただ、損切りラインを狭めるとエントリーして5分ないしは30分以内に刈られることも多くて、どうしても損切りラインを広めに設定してしまうんですよね。・・・ということは、そもそものエントリーするタイミングが悪いということに!?

兼業投資家の自分は四六時中チャートを見られる訳ではないので、やっぱりデイトレには向いていないんだろうなぁ…。

10~20万円くらいの含み損くらい余裕でスルーできるくらいの投資資金があれば良いのでしょうが、そもそもの投資金額が少ないので・・・。

信用取引と驚異の握力を駆使して爆益 or 爆損!!

みたいな株芸人になれればSNSフォロワー数が激増するんでしょうけれども、

僕はSNSのフォロワー数よりもお金を殖やしたいのでw

「相場で生き残る事」を重視しています。
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2020   0 trackback

短期売買取引結果 8/3版 ~レーザーテック取引の成功と失敗~

Category : investment
先週金曜日から持ち越した銘柄レーザーテック

株価は12,000円近辺でピークアウトを迎えたようなチャートになっており、先週はずっと陰線で右肩下がりとなっていました。

自称・中長期投資家なので、基本的にはファンダメンタルズや成長性重視で銘柄選びをしているのですが、デイトレを含む短期売買の時だけはテクニカル重視です。

さらに下落すると読んだ私は、更にもう1単元(100株)売りを追加していました。

寄り付きは先週比マイナス。 

評価益8万円超え!!

ショート(売り)の順張りはうまく行っていたように思えたものの…

週明けの今日に限って買いの勢いがやけに強い。

あっという間にプラ転して、しばらく眺めていたものの下落する気配がなかったのでそのまま決済。

20200803_01.jpg

今日に限って9360円まで上昇していたので、結果的に前場で決済して正解でした。

しかし、翌日まで持ち越していれば9060円まで下落していたので、最終的には不正解?(笑)

20200803_02.jpg

結果的に4万円弱の利益になってしまいました。
朝方8万円超えだったのに(泣

先週追加した100株の売りが本当に余計でした…orz

ただ、損切りラインまで来たら決済するというマイルールを守れたことは良かったかなぁと。

いずれにしても8/5の決算ギャンブルに参加するつもりはなかったので、レーザーテックについては本日中に決済する予定でした。
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2020   0 trackback

先週気になった経済ニュース

Category : investment
先週の経済ニュースの話題。

これからも続くであろう投資生活で二度と見られないであろう(?)指標値がいくつかあったので載せてみます。

20200802_01.jpg

安全・安心の鉄道株、JR東日本がまさかの赤字

発足以来最大の赤字幅だそうで…。

弊社も基本在宅勤務になり、毎日利用していた通勤電車に乗る機会は激減しました。

20200802_02.jpg

東京ディズニーランド・ディズニーシーを運営する優良企業オリエンタルランドも赤字。

長期で見ると株価は右肩上がりでずっと上昇してきた銘柄ですが、ここに来て急ブレーキがかかった形となります。

株主優待目当てのファンが含み損に耐えられなくなってブン投げる日は来るのでしょうか←

20200802_03.jpg

アメリカのGDP、年率換算で32.9%のマイナス!!

リーマン・ショックでもここまでヒドい数値にはならなかった訳で、コロナの影響による瞬間風速的な面は否めませんが生きている内にもう一度お目にかかれるかどうか…というすさまじい数値ですね。

20200802_05.jpg

ヨーロッパのGDPマイナス率は更にヤバかった…!!

20200802_04.jpg

いずれの国も新型コロナウイルスの初期の抑え込みがうまく行っていない国ですね。

日本も他人事ではありませんが…(怖

20200802_06.jpg

GAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の時価総額が日本の名目GDP超え!!

いやぁ強い。強すぎる…。

20200802_07.jpg

コロナ禍でも情報通信業は強かった。

自分もIT系企業に勤めているのでコロナの影響はあまり受けていないのですが、ITは仕事の効率化を図るツールだと思っていて、経済危機が訪れたら真っ先に予算or投資が減らされる分野だと思っていたので、まさかこの未曽有の危機の中で日の目を見ることになるとは思っていませんでした。

GAFAMの株価はいずれも右肩上がりですが、あまりに独占が進むと国家による規制やデジタル税などが課される可能性があります。そうなると世界の勢力図が一変する可能性があるため、GAFAMに投資していれば将来は安定…という訳にもいかなそうです。
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2020   0 trackback

短期売買取引結果 7/31版

Category : investment
比較的大きな仕事が一区切りついたこともあり、久々に短期取引してみました(*・∀・)ノ

今までは面倒くさいので一括して”デイトレ”と書いていましたが、よく考えたら営業日またいだ時点でデイトレじゃないよなぁ…なんて思ったり。

短期売買に関しては、値動きの大きい銘柄は1日の内で売買を完結させることもあるのですが(これぞ真のデイトレ)、兼業投資家である自分は四六時中相場を見られる訳ではないので、後場に買って(または売って)、翌営業日に売る(または買い戻す)ことが多いです。

これから紹介するのは上記のような前日に信用売りして本日買い戻した銘柄です。

日経平均の地合いが悪かったこともあり、今日はショート(売り)の方が有利でしたね。

20200731_11.jpg

メルカリとワタミで2万円弱の利益。
本当にお小遣い稼ぎですね…ヽ(´ー`)ノ

■メルカリ
20200731_13.jpg

前期が赤字なのでPERは「0」なのですが、いくら巣ごもり銘柄とはいえ株価上がり過ぎでしょう…ということで、ずっと売りのタイミングを狙っていました。

ここ4日間は上昇と下落を交互に繰り返しながら下値を切り下げていました。
昨日は上昇の日だったので明日は下がるだろうという安易な考えで前日の引け際に売りで参戦(笑)

本日の前場で1万円の評価益が出ていたものの、妙に強かったので前場のうちに決済。

結果的にこれが功を奏して、そのまま後場まで保有していたら株価がプラス転換してマイナスになるところでした。

■ワタミ
20200731_12.jpg

東京都のコロナ感染者激増に伴い、都が独自に営業自粛要請を出すかもしれないとの報道を受けて居酒屋銘柄で空売りしやすそうな銘柄=ワタミを選択。

前日に10%近く下げていたものの、3月のコロナショックのタイミングに比べるとまだ底値まで到達してないと判断して売りで参戦しました。結果的にこの選択は正しくて本日も引き続き大幅下落。

ワタミも前場で買い戻して利益確定してしまったのですが、結果的に後場に更に下げたので機会損失でした…orz

居酒屋関連銘柄はまだまだ下落すると思っているのですが、短期売買銘柄で週をまたぐのはなんとなく嫌だったので。
それにしてもワタミ、鳥貴族、串カツ田中のような居酒屋関連銘柄の下落っぷりは本当に酷いですね…。

個人的に鳥貴族の焼き鳥は好きなので潰れて欲しくないのですが。

上記のチャートを見れば何となく分かると思いますが、短期売買で選ぶ銘柄は需給やテクニカルで選んでいます。

・明らかに高すぎるPER
・天井をつけて下落に転じたチャート
・既に終わったテーマ銘柄
・しばらく業績が上向くことはなさそうな業種

信用売りする銘柄はこんな感じですかね。

実はもう一銘柄売りで参戦しているのですが、週をまたいで持ち越しています。
それなりに大きな金額なので、逆に行ったら2万円程度の利益はあっという間に吹っ飛ぶことでしょう(苦笑)
来週の月曜日どうなることやら…。
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2020   0 trackback

アメリカ株は年内にもう一度買い場が来る!? ~年末に20%株価下落予想~

Category : investment
週明けのモーサテから。

20200727_01.jpg

バイデン大統領警戒で株価大幅下落か

20200727_02.jpg

アローラ・リポートのニガム・アローラ氏によると『アメリカ株で構成される代表的な指標S&Pのピークは9月』とのこと。

20200727_03.jpg

バイデン大統領の誕生を警戒して株価は20%下げるだろうと予測。

20200727_04.jpg
20200727_05.jpg

バイデン氏の政策は企業や富裕層にとって厳しい税率を設定するもので、これは株価に対しては逆風であるとのこと。

20200727_06.jpg

最近の相場はダウ平均株価よりもハイテク株で構成されるナスダック指数が株高を牽引しているのだけれども、ハイテク株は割高だということに投資家は気づくだろうとのことです。

20200727_07.jpg

(現在の)ハイテク株の次に来るトレンドはヘルスケア・インフラ・クリーンエネルギー。

20200727_08.jpg

『ハイテク大手の株価が常に上昇する時代は終わるかもしれない』

ドヤ顔で語っていますが…。

投資家の大半は既にそう思っているんじゃないか疑惑が…w

そもそもおっさん誰!?感が凄い…。

もしや知らないのは自分だけ?

こういった経済ニュースでよく採り上げられる国際政治学者のイアン・ブレマー氏だったら分かるのだけれども、この人はそもそも有名なのだろうか…?

いずれにせよ年内にもう一度買い場が来るのであれば、コロナショックから急回復した保有株の一部を売却しておくのは良いかもしれませんね。

自分はコロナショックが来たタイミングで定期預金の一部を解約して株に突っ込んだので、現在の現金比率は過去最低クラスです。全財産のうち7割~8割をリスク資産に突っ込んでます(投資信託&企業型確定拠出年金含む)。

もうちょっと現金比率を増やさなきゃ…と思いつつ、魅力的な株が多いからついつい買いたくなってしまう(/∀\*)
Posted by りすお [RIS-O] on 27.2020   0 trackback

JT(日本たばこ産業)配当利回り8%超え ~減配可能性について考える~

Category : investment
JT(日本たばこ産業)の株価が下落し、配当利回りが8%を超えたことが投資家の間で話題になっています。






実は配当利回りが8%を超えたのは今回が初めてではないのですが、一旦反発に転じたと思っていた株価が再びダラダラと下落していることが気がかりなのです。

20200723_01.jpg
JT株価 (月足)

2015年~2016年にかけてつけた最高値4800円近辺から、2020年までずっと下落を続けています(苦笑

現在の株価は1900円近辺なので、なんと60%も下落しています。

いくら高配当銘柄とはいえ、配当金が多少入っていても株価の下落が激しすぎて全然割に合っていません。

逆に信用売りで参戦していれば大儲けですね。

ただ、個人的にはここまで売り込まれていることに疑問を感じています。

なぜならば、配当性向90%とはいえ、まだ次年度以降に回す利益を確保しているからです。

20200723_02.jpg

「1株益」が利益の源泉と考えれば、配当金は1株益以内に収まっているのでギリギリセーフです。

一方、JTと同じく個人投資家に人気の高配当銘柄「武田薬品」を見てみましょう。

20200723_03.jpg

こちらも株価は下落しているものの、JTほどは下落していません。

20200723_04.jpg
武田薬品 1株益と配当

しかし!! 武田薬品は毎年稼いだ利益以上に配当金を出しているのです。

いわゆる”タコ足配当”と呼ばれているもので、こうした無理を続けていればいずれ限界が来ます。

限界が来る前に減配するであろうことは想像に難くありません。

もしくは、業績が好転したり何かがトリガーとなって利益が倍増するとか、そういった大逆転が無いと厳しいですね。

配当金とはちょっとかけ離れた話題となりますが、個人的には「すかいらーく」はJT以上に危険だと思っています。

20200723_05.jpg

すかいらーくはVC(ベンチャーキャピタル)であるベインキャピタルの圧力により株主還元を強化し、配当+株主優待券の利回りは6%を超えていましたが、ベインキャピタルが株を売り抜けた後、配当金を半分にし、今年はついに配当金がゼロになりました。

それでも株主優待はかなり魅力的であり、1000株で69,000円分の食事券(カード)が貰えます。

以上の株主優待が人気で未だに個人投資家に人気がある銘柄ですが、配当金をあっさり半分にしたりゼロにすることから察するに、株主優待の改悪も行われるのではないかと危惧しています。

ちなみに私はすかいらーく株を1600円台で1000株購入していましたが、配当金が半分になったのを見て1800円台で売り抜けました。

その分、JT株を買っているので絶賛含み損中なのですが(苦笑

株主に定期的に送られてくる報告書によると、JTは隙あらば配当金を増やそうとする姿勢を崩していません。

JTは武田薬品のように意地でも減配しないのではないか?と想像しています。
Posted by りすお [RIS-O] on 23.2020   0 trackback

デイトレ敗北

Category : investment
今日も今日とてPSS(プレシジョン・サイエンス・システム)の株をしつこくショート(売り)していたのですが…

ちょうど今日の高値付近で逆指値に引っかかって損切り(涙

20200721_01.jpg

後場始まったタイミングで跳ねた…。

今日、CNBCにPSSの社長が出ることは知っていたけれど、まさかその材料だけで上がったのか?(笑)

20200721_02.jpg

先日3万円利益確定して、今日は4万円超損切り。

デイトレはこんな感じの取引ばかりで労力の割には全然儲からないなぁ…ヽ(´ー`)ノ

デイトレの才能がある人は本当に凄いと思うわ。天才。

やはり兼業投資家らしく、時間を味方につけてじっくりゆっくりとお金持ちになるしかないのか…。

富裕層への道は遠い。。。
Posted by りすお [RIS-O] on 21.2020   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索