• 1 X JAPAN

    X JAPAN — Yoshiki (band leader/producer/songwriter/drums and piano), Toshi (vocals), Pata (guitar), Sugizo (guitar and violin), and Heath (bass)
  • 2 X JAPAN

    EMI Label Services handle X JAPAN'S releases in North America.
  • 3 X JAPAN

    The first release will be the track “Jade” on March 15th
  • 4 X JAPAN

    To support the new album,

    X Japan plans to tour extensively in 2011
  • 5 X JAPAN

    X Japan, one of the most successful rock band in Japanese history

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年7月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年7月は下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 2万円

20200731_01.png

投資金額約1,790,150円に対し、評価額は2,031,666円

投資金額に対する評価益は13.5%になりました。

20200731_02.png

祝!! 投資信託評価額200万円超え\\\\٩( 'ω' )و ////

投資クラスタからするとクソみたいな金額ですが←

個人的な感覚からすると200万円はなかなかの額です。

突然会社が倒産しても、リストラされても半年くらいは生きられるかな…なんて。

自分の知人で貯蓄額が常に10万円近辺か1桁という人がいるのですが、突然の冠婚葬祭、家賃値上げ、リストラ、倒産に遭ったらどうするの?とツッコミたくなります。

株クラスタには1円単位で節約に節約を重ねて仙人みたいな生活をしている人が多い印象ですが、暴走車に突っ込まれたり、無差別殺人の被害に遭ったり、脳出血で全身不随になったり…という可能性を考えると、ほどほどに貯蓄しつつ人生を楽しんでいきたいのです。(限りなく可能性が低いことは分かってます(笑))

理想としては個別株でテンバガー、ツーバガー株を連続で発掘して一気に億トレ(1億円トレーダー)の仲間入りしたいと思っていたのですが・・・。

10年以上に渡る投資生活を経て、 「自分は投資の才能が無い平凡な人間である」ということを嫌というほど思い知らされたので、インデックス投資+個別株投資の二刀流で行くことに決めたのです。

個別株投資で大損しても、投資信託+企業型確定拠出年金で”老後2000万円問題”はなんとかクリアできるかな・・・といった感じです。
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2020   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年6月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年6月は下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 3万円

20200630_01.png

投資金額約1,750,101円に対し、評価額は1,881,148円

投資金額に対する評価益は7.5%になりました。

20200630_02.png

先月、すべての投資信託がプラス転換していたのですが、ここに来て足踏み…というかマイナス(泣

2015年の年末からかれこれ4年半投資信託を積み立ててきているのですが、うーん、うーん。

たった7.5%の評価益かぁ…という感じ。

実際は既に9万円利益確定しているので、もうちょい利益は出ているのですが。

過去の事例から投資信託が預金に確実に負けなくなるのは15年くらいのスパンが必要なんでしたっけ。
(米国株インデックス投資の場合)

んー、でもリーマン・ショック級の下落(株価5割引き)が来たら確実に評価損に陥ると思うのだけど…(。´・ω・)

コロナショックの影響でダウ平均株価18000ドル、日経平均株価17000円みたいな水準が3年間程度ダラダラ続いた後、再び力強く世界の株価が右肩上がりで上昇する展開であれば含み益は一気に増えそう。
というか、緊急事態宣言で街がゴーストタウン化したときはそういう世界が訪れると思っていたのですが。。。

アテは外れて株価はスルスルと急回復。

結果的に今年の3月時点で投資資金を厚めに投下したのは正解だったものの、株価の戻りが早すぎて全然儲からなかった。。。



テンバガー(10倍株)をGETするような天才的な投資の才能がない僕のような凡人としては、やはり入金力が全てですね。

ストレスが溜まらない節約法って無いかなぁ…ヽ(´ー`)ノ

自炊で自分の好きな料理がササッと作れるようになれば、エンゲル係数を下げられるのだけど・・・。
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2020   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年5月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年5月は下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 2万円

毎月定額で拠出している金額のみですね。

20200529_01.png

投資金額約1,700,060円に対し、評価額は1,836,885円

投資金額に対する評価益は8.0%になりました。

20200529_02.png

祝! 全投資信託プラ転\\\\٩( 'ω' )و ////

3月中旬に訪れたコロナショックによる世界同時株安(暴落)の後、4月~5月にかけて凄まじい勢いで株価が上昇。

さすがに短期間でここまで戻すとは思っていなかったので、5月は4万円(定額)しか拠出しなかったんですが、完全に失敗ですねヽ(´ー`)ノ

20200529_03.jpg

二番底はどこへ行った!?((((((((;゜Д゜))))))))

コロナショック以前の株価からマイナス10%近辺まで戻ってきちゃいましたね。

大型株ではユニクロとかソフトバンクGみたいな指数(日経平均株価)に寄与する銘柄ばかりが騰がっている印象があります。

ただ、マザーズの中小型株の方はもっと上昇率が高いようですが。。。

自分の保有株に関しては少し含み損が減ったくらいで、ほぼ無風でした(涙

ただ、3月に仕込んだ米国株の調子は良い感じです。

もっと日本株から米国株にシフトしておけば良かったなぁと。

個別株投資に話がそれてしまいましたが・・・。

インデックス投資はマラソンに例えられる”長期投資”ということで、5年後~10年後を見据えてのんびりやっていきたいと思います。



■参考リンク (過去の投資信託評価額)
投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-category-0.html
Posted by りすお [RIS-O] on 29.2020   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年4月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年4月は下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 4万円

20200430_01.png

投資金額約1,660,057円に対し、評価額は1,684,973円

投資金額に対する評価益は1.5%になりました。

20200430_02.png

祝! 評価額プラス圏復帰\\\\٩( 'ω' )و ////

外国株インデックス投資最強!!(若干嘘

3月の急落時に大幅に買い増したのが功を奏しました。(10万円投資)

積み立て投資は「毎月・定額」が基本なんですけどね(^-^;

アメリカ株(ダウ平均株価、S&P500)が4月に急速に戻したことにより、投資信託の評価額もプラス圏に復帰。

リーマン・ショック級の大暴落も覚悟していたのですが、結果的に株式市場は「コロナショック後」を織り込んだ形で上昇していきました。

”落ちるナイフ”を積極的に掴みに行って成功した稀有な例ですね。(良い子は真似しないように)

下落のスピードも早ければ、戻りのスピードも早かった…。

リーマンショックと東日本大震災時の大暴落相場を経験済みの投資家達も一様に驚くような凄まじいスピードでした。

リーマンショックの再来を避けようと、各国の中央銀行が矢継ぎ早に緩和策・金融下支え策を打ち出したのが効いたのでしょう。

恐怖指数(VIX指数)も最近は30近辺に落ち着いており、ひとまず二番底懸念は遠のいた形となっています。

原油相場が10~20ドル近辺で推移しており、ほぼ崩壊しているのが気になるところですが…。

コロナウイルスのワクチンが開発・承認されれば、徐々に経済活動が元に戻って行くのは間違いありませんが、医療体制が脆弱な途上国での抑え込みは簡単なことではないため、コロナウイルスの終息宣言がいつ出されるのか気になるところです。

中国をはじめ欧米各国では経済活動が徐々に再開されていますが、コロナの第二波・第三波が来てしまうと再び暴落する可能性が無いとも言えないでしょう。

ダウ平均株価はもとより日経平均株価も大幅下落からの「半値戻し」を達成したため、マーケット全体に一定の達成感が出てくるのではないかと思います。

ここからの投資は慎重に行いたいところです。



■参考リンク (過去の投資信託評価額)
投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-category-0.html
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2020   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年3月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年3月は下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「大和-iFree NYダウ・インデックス」 1万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 7万円

20200331_01.png

投資金額約1,600,057円に対し、評価額は1,453,969円

投資金額に対する評価益はマイナス9.1%になりました。

20200331_02.png

ついに投資信託の評価額が投資金額(≒定期預金)を下回りましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

4年以上投資信託を積立してきて、元本割れどころかここまで評価額が下がったのは初めてです。

『こんなことなら投資なんてするんじゃなかった…orz』

2007~2008年のリーマン・ショックの時、損を出したことにショックを受けて投資を止めてしまう人を数多く見てきました。

これは投資の初心者がしばしば陥りがちな罠であり、こういった株価下落局面を耐え抜けば、その後莫大な利益を得られることは過去の歴史が証明しています。

投資信託として重要なのはこれからも淡々と毎月積立てを行うことです。

同じ1万円を投資していても、投資信託の基準価格が高ければわずかな口数しか買えないけれど、株価下落局面では多くの口数を購入することが出来ます。いわゆるバーゲンセールです。

以前から暴落を想定していた自分としては、待ちに待った株価暴落局面を目の当たりにして『このチャンスをみすみす逃す訳にはいかない!』とテンションが上がってしまい、 今月は10万円も投資してしまった…。

正直やり過ぎた(汗

コロナ・ショックは案外早く終息するのでは?
ここまでの株価暴落は行き過ぎなのでは?

そう予想していたのだけど、どうやら長期化しそうであることが分かってきました。

投資信託に回す種銭(現金)が尽きないように、節度を持ってきちんと毎月投資していかねば…と思っている次第です。

ドル・コスト法による毎月積立てでは、株価の底値や高値の予想は不要。

『株価の値動きは分からないけれど、気づけば莫大な利益が出ている』

これがインデックス投資の醍醐味なのです。

10年~15年のスパンで考えれば、インデックス投資が定期預金に負けることはないという事実を今後も投資を続けることで証明して行きたいと思います。
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2020   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年2月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年2月は定期積立にて下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 4万円

20200228_00.png

投資金額約1,490,107円に対し、評価額は1,719,475円

投資金額に対する評価益は15.39%になりました。

20200228_02.png

今年に入ってもアメリカ・ダウ平均株価およびS&P500指数は絶好調で、右肩上がりで推移していたものの…


ここに来て”過去最大の下げ幅”を記録。

「山高ければ谷深し」とはよく言ったもので、ダウ平均株価は連日史上最高値を更新していたこともあり、下落幅も大きくなったものと思われます。

■楽天証券HP
20200228_03.png

えっ、この程度の下落で電話殺到しちゃうの…

未だに電話注文している人が多いということなのだろうか?

【参考リンク】 マーケットコール
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/service/channel/marketcall.html

楽天証券はネット専用かと思ってた(苦笑



週トレ(1週間トレード)はほぼ信用売りオンリーで、今週も結果は上々だった。

しかし、現物株の評価損は更に積み上がっているという…(結局マイナス)

ディズニーランド&シーを経営しているオリエンタルランドの株価がまさか反発するとは思わなかったなぁ…。
これが無ければ10万円超えてたのに。。 個別株むずい。

投資信託積み立て型のインデックス投資は下落幅も緩やかだし最高だなっ!

上昇幅も緩やかだけどね(泣
Posted by りすお [RIS-O] on 28.2020   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年1月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年1月は定期積立にて下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 3万円

20200131_03.png

投資金額約1,430,008円に対し、評価額は1,724,129円

投資金額に対する評価益は20.56%になりました。

20200131_02.png

年明けから1月前半まではダウ平均株価・ナスダックともに連日高値更新のヒャッハー状態だったのだが…

ニッセイ外国株式インデックスファンドなんか評価益30%に到達していたような気がするのだけど…

_人人人人人人人人人人人_
> コロナウイルス蔓延 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^


年末年始、経済アナリストが誰も予想していなかった世界経済リスクが突如として現れた!

まぁこんなの誰にも予想できないわな…。

それでもまだ株価は歴史的に高値圏なんだけどね。

やっぱり投資信託で分散投資をしていると下落も緩やかだなぁといった感じ。

まぁ金額がそれほどでもないから、そう感じるのかもしれないけど。

いや、でも170万円は大金か(どっちだ

個別株(日本株投資)の方が投資額が多いこともあり、既に月収分くらい下落してしまってちとキツい…。

老後2000万円問題は持ち家の世帯が対象だから、賃貸暮らしの自分としては3000万円くらいないと厳しい老後になるだろう。

最低でも準富裕層クラス(5000万円~)は行きたいなぁ。

そんなことよりまずはアッパーマス層(3000万円~)にならないと(`・ω・´)
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2020   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索